2016年02月09日

一日一話〜第1回 こぶとり爺さん〜

0001 こぶとり爺さん
放送日:1975年01月07日(昭和50年01月07日)
おすすめ度:3/5
オーソドックスな、可もなく不可もなく、といった感じのお話です。
キッズ:5/5
絵柄がかわいらしいので、子供に見せるにはお勧め、鬼たちも怖くありませんw

記念すべき第1回目の放送はこちら。ほっぺたにこぶのあるおじいさんの話。市原悦子さんの語りと、軽快な音楽がとても心地よいです。1回目を飾るのにふさわしいですね。

参考URL
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=1

まあ、突っ込んじゃいけないんでしょうけど、こぶってあんな簡単にとったり付けたりできるんかいwって思ってしまう私は汚れた大人です……。

ちなみに、このお話にお婆さんは出てきません。性格が対照的な2人のお爺さんが出てくるだけです。あと、お爺さんをからかうガキ大将と、鬼たち。村の存在が明らかに作中で示されているにもかかわらず、村人は子供以外出てこないという、ある意味異端な作品です。


posted by しま猫@管理人 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まんが日本昔ばなし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173790129
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック