2013年02月11日

遠隔操作ウイルス事件を考える〜自分の身は自分で守れ〜

 昨今、コンピュータウイルスがいろいろなところで悪さをしている。USBメモリとかUSBメモリとかUSBメモリとか……いえ、何でもないです(大汗)、失礼。最近では2012年に遠隔操作ウイルス関連で誤認逮捕が出た。昔は「I LOVE YOU」なんていうメールウィルスもはやったりしたのを覚えている人もいるのではないだろうか。今回は、遠隔操作ウイルス事件の何が問題なのかを取り上げながら、ウイルスについてちょっと勉強してみよう。ちなみにこの事件の犯人はさんざん警察を挑発したあげく、結局捕まってしまいましたとさ。

それではちょっと長いけど、皆で少しお勉強してみましょう
わかりにくいところとかあったら遠慮無くコメントください

続きを読む
posted by しま猫@管理人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2012年12月16日

iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代)を買ってしまった

11月2日発売のWi-Fiモデル32GBを買ってしまったので、そのフォトレビューを今頃掲載してみよう。ちなみに私はAppleは嫌いなので、今後Apple関連のレビューは辛口になるだろうと思う。信者の方はご覧にならないことをおすすめする。もし読んでしまって精神的健康を損なっても、筆者は一切責任は取らないのであしからず。
今回のモデルチェンジの一番大きなところが、CPUがA5プロセッサからA6プロセッサへ世代交代している点だ。ただしこれがどれほど大きな進化なのかは旧モデルを持っていないので言及は差し控えたい。両方を持っている人のレビューを読んでみると、それなりに処理能力は上がっているようだ。「Retinaディスプレイモデル」となってはいるが、これは第3世代の「新しいiPad」でも同じことなので、特にディスプレイが進化したわけではない。
そういえば外部との接続用のコネクタが、DOCコネクタからLightningコネクタへ小型化されたようだ。これは物理的な変更なので、今までiPhoneやiPadを利用してきた人には、周辺機器が利用できなくなるという問題が生じる。ケーブル類ならば変換コネクタをかませればすむからまだ良いが、スタンドタイプのものだと流用は不可能だろう。
不可解なのは、第4世代が登場したことで、第3世代の存在がなかったかのごとくApple Storeから消えてしまっている点だ。そういったところからみても、Apple社が本来のロードマップに何らかの変更を加えた可能性は十分にある。
続きを読む
posted by しま猫@管理人 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2012年12月08日

WIMAXルーター、モモピンクがやって来た

Try WIMAXでルータをレンタルしてみて、自分の生活圏内で使えそうだったので、価格.comのキャンペーンを利用してso-net WIMAXを契約してみた。今でも継続してやっているらしいけど、2年契約前提で新規申し込みをすると、

・WIMAXルーター無料
・登録手数料無料
・登録月利用料無料
・25000円キャッシュバック

という特典が受けられるというもの。詳しくは価格.comのサイトを参照してほしい。
価格.com WIMAX比較
いろいろ調べたけど、一番安いGMOは「とくとくポイント」とかいう囲い込みポイントでのキャッシュバックが一部含まれるので却下。他はどんぐりの背比べ状態で、回線自体の品質もUQ WIMAXのものを借りているだけなのでこれといって違いは無い。あとはプロバイダとしてのサービスと言うことになるけど、まぁ割と知られているところなら大丈夫でしょう、ということでso-netを選んでみた。続きを読む
posted by しま猫@管理人 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2012年12月03日

Try WIMAXを申し込んでみた

iPadを買ってから、外出先や移動中でもサクサクッとネットを見たり、ブログとかFacebookとかTwitterとかやりたくなってきた。携帯でもWi-Fi接続にすれば不完全ながらフルブラウザの閲覧がある程度できる。やっぱり携帯キャリアのパケット定額プランは高いし、使う気になれない。
ということで、11月中はWIMAXのキャンペーンが複数のMVNOでやっていたので、加入を検討すべく、本家UQから端末をレンタルして、自分の生活圏の電波状況を調べてみることにした。
Try WIMAXは、UQ本家や家電量販店でWIMAX端末を無料で貸し出してくれるサービス。コレを使って事前に電波状況をチェックできる。期間は15日間だ。家電量販店の場合は15日後までに直接返しに行けばいいが、UQ本家から借りた場合は宅配便で15日目までに必ず届くようにしなければならないので、注意が必要だ。もし遅れると違約金を取られてしまう。そのために申込時にクレジットカードが必要になる。
多少の注意点があるが、レンタル中はWIMAXが何の制限もなく使えてしまう上、本家を使って宅配便で借りる場合でも往復の送料はいっさいかからない太っ腹なサービスだ。もしWIMAX加入を検討しているのなら、利用しない手はない。

申し込みはネットから簡単にできる。実は以前ビックカメラでもTry WIMAXを使ってみたことがあるのだが、そのときはまだエリアの広さが十分じゃなくて、結局加入には至らなかった。まぁ結婚前の話なんで5年くらい前のことなんだけれど…。

さて、どのくらい電波状況が良くなっているものだろうか?それともやっぱりあまり変わらないのかな?続きを読む
posted by しま猫@管理人 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年06月26日

NVDA動作検証〜LibreOfficeをインストールして利用する

前回、オープンソースのスクリーンリーダー「NVDA」の日本語版を紹介したが、今回はもう少し、詳しく、同じくオープンソースのオフィススイート「LibreOffice」を利用できるようにしてみよう。途中英語のページからファイルをダウンロードしたり、英語でインストールしなければならない部分があるが、まあそんなに難しくはないでしょう。

長くなるので続きは追記に書くことにしましょ

続きを読む
posted by しま猫@管理人 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年05月25日

PC-Talker ベータ版公開

5/23付けで高知システム開発のPC-Talker最新ベータ版が公開されている。ダウンロードは付属の「MySupport」から、「ツール」を選択して、「最新版のチェック」を選択状態でShiftキーを押しながらEnterキーを押せばよい。

公式発表の更新内容は以下の通り

■2011/5/23
 PC-Talker 7(VDMW700)   Version 2.04 β1
 PC-Talker Vista(VDMW500) Version 2.04 β1
 PC-Talker XP(VDMW300)   Version 5.04 β1

○不具合修正
1.コマンドプロンプト音声ガイドに関する以下の不具合を修正。
  (1)半角スペース入力を音声ガイドしない不具合を修正。
  (2)コマンドプロンプトのメニュー(Alt+Space)から終了時、PCTalkerも終了する不具合を修正。
  (3)コマンドプロンプトのファイル名入力機能(タブキー)を正常にガイドしない不具合修正。
2.Windows 7で、ウイルスバスター2011のメイン画面が開かない不具合を修正。
3.Skype 3.8の履歴リスト上端または下端で、カーソルキーを押しても読み上げない不具合を修正。
4.IE9で、見出しジャンプ('H'または'1'〜'6')ができないページがある不具合を修正。
5.PC-Talkerコマンドの代替キーがコントロールキー2回の設定になっている場合、音声停止・再開のコマンドが不正に実行されることがある不具合を修正。
6.読み辞書の編集で、正常に登録できないことがある不具合を修正。
7.BrailleWorks「音声なし」モードで使用中に、ピンディスプレイ表示をオフされたとき、音声が自動再開されない不具合を修正。
posted by しま猫@管理人 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年05月18日

オープンソースのスクリーンリーダーNVDA

ようやく少し春らしくなってきたけれど、北海道はまだまだ寒い{{ (>_<) }}
最近、スクリーンリーダーにもおもしろい動きがあったのでまとめておく。

完全に無料でオープンソースのスクリーンリーダーNVDAの日本語化がほぼ完了した。
詳細はSOURCEFORGE.JPのサイト内にある
スクリーンリーダーNVDA日本語化プロジェクト
に掲載されている。他に
NVDA日本語化プロジェクト
というページもGoogleグループの中にあるのだが、こちらは更新されていないようだ

NVDA最新バージョンは2011.1.1 リリースは2011/04/11と記録されている
今回の更新で筆者が「進化した」と感じたのは以下3点
(1)音声エンジンOpen-Jtalkを標準搭載、速度、音程、音量など調整可能になった
(2)IE、Word、Excelの読みに加えて、PDFの読み上げにも対応
(3)別途設定をすることで、OpenOfficeの読み上げに対応

ざっと試してみた感想だが、Open-Jtalkの音声はさすがに商用スクリーンリーダーに比べて見劣りするが、それでも昔のDOS環境の合成音声を一度でも聞いたことがあれば気にはならないレベルだろう。
動作はもたつきが少なく、デュアルコアプロセッサ以上と十分なメモリがあれば軽快に動作する印象だ。特にWordやExcelの読みにマクロを使っていないようで、動作がワンテンポ待たされないのは好感が持てた。またIEにしても、上下矢印キーと左右矢印キー、Tabキーの組み合わせでかなり柔軟にブラウジングできる印象だ。こちらも動作の引っかかりが少なく、ストレスを感じない。
最後のOpenOfficeについては、近日中に別途項目を設けてレビューしたいが、導入に多少手間はかかるものの、メニュー画面、編集画面ともに軽快に読み上げてくれる。とりあえず筆者はWriter(ワープロ)で簡単に試してみたが、なかなか好印象だ。これで、スクリーンリーダーとオフィスソフトがいずれも無料で利用できるようになる。非常に魅力的だ。

今回、久々にNVDAに触れてみて、オープンソースもここまできたのかという驚きを感じるとともに、関係者の皆さんの努力にただただ感服。自分はいつも利用する側で、なかなか開発などには手を出せないでいるが、やはり少しでも視覚障害者のためにできることをしたい。この「ブログも可能な限り更新していきたいと思うので、今後ともよろしくです。m(__)m
タグ:PC NVDA
posted by しま猫@管理人 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2008年07月19日

PC-TalkerXP 最新モジュール公開

スクリーンリーダーPC-TalkerXPの最新モジュールが公開されました。
今回、インストールしてみたので、その変更点などを紹介します。


◇Beta版からの更新履歴
■2008/7/17   Version 3.07
◆Version3.07 リリース (2008-7-17)
◆Beta6 (2008-7-3)
(1)読み辞書の編集で、検索機能など別画面が開くときにフリーズしてしまう不具合を修正。(前回修正での影響)
(2)Delphiのコントロール"TTrackBar"(スライダー)と"TPageControl"(タブ)に対応。
◆ Beta5 (2008-7-1)
(1)Beta4で、終了オプションのボタンの読み方がおかしくなった不具合を修正。
(2)WORDでIME使用時、SHFT+左右矢印キーの無変換文字列選択を読み上げるよう修正。
(3)読み辞書の編集で、C++ RunTime Errorが発生するときがある不具合を修正。
(4)マイサーポートのツールメニューから項目が消える問題を修正。
◆ Beta4
(1)EXCELで、「セルの書式設定」の「フォント」タブの中でフォントを変えるため上下キーを押しても音声ガイドされない不具合を修正。
(2)EXCELで、「検索と置換」ダイアログで、「書式」ボタンを選択し、「フォント」を選択してもフォントの変更ダイアログが出ない不具合を修正。
(3)IMEでF10を押して変換したとき、音声がでなくなる不具合を修正。
(4)EXTRA Ver.4の識別読みとコード読みに対応。
(5)WORDなどテキストサービスアプリケーションで、日本語変換のローマ字入力を正しく読み上げないことがある不具合を修正。
 例えば、j u と入力して「じゅ」と読み上げるべき所「じ」としか読み上げなかった。
(6)EPSONプリンタドライバのユーティリティで、ボタンにフォーカスが移動した場合、Ver.2では前のStaticを読み上げていたが読み上げなくなっていた不具合を修正。
(7)ピンディスプレイ BM24/BM46のBluetooth接続環境で、接続タイムアウトエラーとなる不具合を修正。
(8)ないーぶネット の点字ファイルをMyEditで読み込むと文字化けする問題を修正。
◆Beta3
(1)IMEで変換文字列を何回も読み上げる ベータ版での不具合を修正。(変換中 ガイドラインを全て読み上げるの設定がオンのときに発生)
(2)リストビューのタイトル名を2回読み上げることがある ベータ版での不具合を修正。
(3)キーボードガイドで全角 半角キーを読まない不具合を修正。ローマ字キーの読み上げを追加。読み上げ可能な特殊キーは次の通り。
Alt+Escape タスク切り替え、Alt+Tab タスク選択、Alt+全角 漢字、Alt+カタカナ ローマ字
◆Beta2-1
(1)EXCELで、[セルの書式]-[罫線]ダイアログの各項目の英語を、日本語(翻訳)で音声ガイドするよう変更。
(2)EXCELで、A1などの上、左端セルで、上矢印キーや左矢印キーを押したときに、音声ガイドするよう修正。
(3)EXCELで、セルへの直接入力時、"ひづけ"と入力しても"づ"を読み上げない不具合を修正。
(4)EXCELで、条件書式を設定し、条件にマッチしても書式読み上げ(Shift+Alt+F)で反映されない不具合を修正。
(5)EXCELで、特殊エディット(EDTBX)で、右矢印キーを押すと、常に"右端"がガイドされる不具合を修正。
(6)EXCELで、セル直接編集(EXCEL6)時、[セルの書式]-[表示形式] ユーザー指定(EDTBX)のカーソル移動に対応。
(7)EXCELで、セルリスト選択(Alt+↓)時のカーソル移動に対応。
(8)WORDで日本語変換時、BackSpace と DELETEキーの音声を出力するよう修正。
(9)WORDなどで、lyo=ょ または shi=し の日本語変換を読み上げない不具合を修正。
(10)ディスククリーンアップのダイアログの[詳細オプション]でプッシュボタンにフォーカスを移動しても、すべて[クリーンアップ]と読み上げるのを、前のstatic文字列も読み上げるよう修正。
(11)タスクトレイのバルーンに対応
(12)Skype 2.5以上のプロフィール編集エディット、チャットの文字入力エディットのカーソル移動に対応。
  ただし、以下の条件付き
  ・範囲選択文字列を読ませることはできない。
  ・絵文字(エモーティコン)を挿入された場合はカーソル文字位置がずれる。
(13)Skype 2.5以上の[ツール]-[設定]-[詳細]-[Skype APIへのアクセスコントロール]ダイアログのプログラム選択リストの読み上げに対応。
(14)Windows XP IE7でトップページをMSNの検索ページ(MSN設定用IE7ダウンロードからダウン、インストール)に設定していると、フリーズする不具合を修正。
(15)PC-Talkerの[日本語変換の読み方 - 変換中ガイドラインすべてを読み上げる]がONに設定されている場合、注目分節の移動(左右矢印)は、注目分節のみ読み上げるように変更。
(16)ALT+CTRL+5のアクティブアプリケーション読みが、ALT+CTRL+1のアクティブタイトル読みと同じになっていた不具合を修正。
(17)Ctrl+Alt+[ のマウス移動コマンドが動作しない不具合を修正。
(18)ピンディスプレイに音声ガイドした内容が点字出力されないときがある不具合を修正。
(19)音声エンジンがVoiceTextのとき、"0.123" のようなゼロで始まる小数点数字を正しく読み上げない不具合を修正。

◇修正されていない不具合
・スタンバイや休止状態から復帰した際に読み上げの音声が途中で切れるようになることがある。(PC-Talker再起動でたいてい直る)
・IE読みで、Ctrl+上下矢印キーで読み上げる際、別のページ(インラインフレームのバナーなど)がリロードされると仮想カーソル位置が保持されない。(次に操作したとき読みがページトップからに戻ってしまう)
・Excelのセルにメニューリストが設定されている際、Alt+↓キーで読み上げられる項目が実際とずれている問題が修正されていない。
・Word読みで、上下矢印キーでカーソル移動したときにエラーが出て強制終了する。
・マクロの設定を操作していないのに読み上げが無効になったり、挙動不審な動作をしたり、ハングアップすることがある。
posted by しま猫@管理人 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年11月10日

どうなる? 「闇」を暴かれたSONYの今後(2)

SONY BMGは不正コピー防止という大義名分をかかげ、ユーザーに不便を強いた。このような傾向は現在の音楽業界には珍しくないことだが、まさかスパイウェアをベンダーが組み込むなんて、と、ユーザーは驚きを隠せない。

そもそも「権利」というのは著作権者だけにあるわけではない。商品を購入したユーザも、購入した物品に対する「私的所有権」というものをもっている。自分で購入したCDであっても、自分の好きなように楽しめないという作りだけでも問題であるのに、あろうことかユーザーの情報を不整に収集していたとなれば、顧客をだましていたと言われても仕方のない行為だ。

音楽CDひとつ買うのにも、スパイウェアの心配をしなければならなくなってしまった事態は異常だ。この状況を作り出したSONYの責任は重い。

関連記事
posted by しま猫@管理人 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年11月05日

どうなる? 「闇」を暴かれたSONYの今後(1)

久しぶりにネットでIT関連のニュースを見ていたら、こともあろうに、SONYがレーベルゲートCDのソフトウェアにスパイウェアを仕込んでいたらしいという記事が。
このレーベルゲートCD、ソニーが自社利益を守ろうと作り上げた一作。リッピングの妨害や専用プレイヤーの導入によるPC再生環境などを組み込んだ特別なCDです。

元々、音楽CDをPCで聴こうと思ったらautorunが勝手なソフトをインストールして、しかも原曲ではなく音質の極端に落ちた圧縮データを再生するという、ユーザにとっては非常に「迷惑な」規格だったのです。
それだけならばいざ知らず、PCの情報を故意に抜き取って送信する、スパイウェアという以外何者でもないものが組み込まれていたということで、米国を始め随所に波紋を拡げています。

そもそも、autorunがランチャも出さずに勝手にソフトをインストールする仕様からして、「何で音楽CDにここまでやるのか」という疑問を持った人間は少なくなかったはず。
上記のような仕様は、はじめからユーザの上方を盗み取るつもりでしたことだと言われても仕方がないですね。
バッテリの発火事故からまだ間もないというのに、こういうことは続くときは続くものですね。

関連記事(ITmedia)
posted by しま猫@管理人 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年10月10日

CGIでゲーム

視覚障害者がゲームをするときに、市販のゲーム機だともちろん画面はガイドしてくれないし、パソコンにしてもたいてい(視覚障害者用に開発されたものは別にして)同じですよね。
ゲームをするのには画面を見なければいけないのは常識です……。
でも、インターネットで稼働しているオンラインゲーム、とりわけCGIやPHPなどで動いているものは、ブラウザ状にHTMLとして出力されます。だから、テキストがベースのゲームなら、スクリーンリーダのブラウザ読み上げで遊べる場合も多いです。

有名なのは「FFA」とか、「モンスターズ」などですね。暇があったら探してみるのも良いかと思いますよ〜。
posted by しま猫@管理人 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年10月03日

PC-Talker XPバージョンアップ

高知システム開発から、PC-Talker XPの2.00アップデートが正式にリリースされました。
更新内容をまとめると、
1.統合サポートツールの掲載
・熟語読み辞書の編集機能
・新開発の音声エンジン、「VT+」対応(音声エンジンは別売り、現在開発中)
・お知らせの通知機能、ヘルプの統合化
2.アドインの利用が可能に
・現在、Skype読み上げ用のアドインを公開中

今回のバージョンアップで、使い勝手の向上が図られているようですが、問題もあるようです。
PC-Talkerのバージョンが更新されたことで、MMメールなどの一部ソフトで、音声化が正常に行えない問題が発生しています。こちらは対応ソフトのバージョンアップ待ちとなってしまうので要注意です。

アップデータのダウンロードはこちらから
MMメールの問題についてはこちら
posted by しま猫@管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年06月11日

IP

今まではプロバイダから割り振られる動的IPを書き換えるのに、モデム切って入れ直せば一発で変わったのに、CATVにしてからだめだな、15分や30分じゃ変わらない。
昨今、ネットセキュリティが危険にさらされているのに、この仕様は問題だと思うんだけどなぁ。
それはそうと、USB無線アダプタというものを買ってみた。USBポートさえあればデスクだろうとノートだろうと使える点はいいね。さっそく自室のデスクでテストしています。
posted by しま猫@管理人 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年05月29日

catwalk

今、開発途中の新しいスクリーンリーダがあります。
「catwalk」というシェアウェアのβ版らしいのですが、これがけっこうおもしろい。
現在市販されているたいていのスクリーンリーダ(Windowsの画面読み上げソフト)は、起動後にスタートアップから実行されるため、ログオン画面を読み上げない問題があります。
catwalkはログオン画面読み上げモジュールをサービスとして別院ストールすることでこの問題を回避しています。
また、スクリプト記述により、読み上げ可能なソフトを増やすこともでき、本来超高額なJAWSにしか搭載されていない機能を持っているという点で、非常に期待できるソフトです。
まだまだ改善点も多々あるのですが、β版でこれだけの機能をもっていて、あるていど操作性も確立していますから、今後の発展には十分期待できるでしょう。

catwalkについてはkazasoftからβ版をダウンロード可能です。
posted by しま猫@管理人 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2006年05月06日

MYWORD V バージョンアップ

高知システム開発のHPに、ワープロソフト「MYWORD」のバージョンアップの告知があった
早速、プレリリース版をインストールして試用してみた
まず、文書の単純な書式は.mwvと.docの間で比較的実用的なレベルで互換性が保たれる
表のたぐいも、よほど複雑でない限りは互換性には問題なさそうだ
ただ、前バージョンから問題になっていた図表の扱いは全く改善されていない
図表の配置されたWord文書を開くと、MYWORDが勝手に配置を換えて、体裁が大幅に崩れてしまう。たとえば左端に配置されていたものが真下に来るなど、実用からはほど遠い完成度といわなければならない
画像はビット単位で管理されているが、MYWORDでは行/桁という相対的な概念で無理に管理しようとしているため、おそらくWord文書での配置を正確に読み取れないものと考えられる
Wordの互換性をうたうならば、文書や表だけでなく、せめて画像のレイアウトくらいは再現してほしいものだ
正式版の修正に期待したい
posted by しま猫@管理人 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC